事故の相手方を確認

 相手の氏名、住所、連絡先相手車ナンバー車名保険会社、修理工場を確認。
名刺があればいただく。社有車のように所有者と運転者が相違する場合もあります。誰に賠償責任があるのか確認する必要があります。もし相違していた場合、どちらに損害賠償請求すればよいかまで確認してください。
 
 特に相手が無免許や飲酒運転があった場合には要注意です。逃げてしまうかもしれません。相手車ナンバーは、すぐメモしてください。顧客で相手に急いでいるからとウソの電話番号を教えられ逃げられてしまった方がいました。しかも相手車ナンバーをよく確認していなかったそうです。警察は原則民事不介入、ナンバー(登録番号)は全て正確にわからないと相手を特定できず物損事故だけであればそれ以上調べてくれません。たった一桁の番号を覚えていないばかりに相手所有者の特定を断られたそうです。もちろん、人身事故になっていれば事件になるので捜査します。
 
 万一、このような当て逃げ車両事故にあっても「一般車両保険」に加入していれば保険でカバーできます。もちろん翌年度の保険料は3等級ダウンします。


場合によっては目撃者の確認も必要なときもあります

 事故現場に応じた危険防止の措置を取ると共に出来るだけ現場保存に努めます。カメラがあれば様々な角度から撮影しておきましょう。特に重大な事故であれば目撃者にも現場を確認してもらい、その方の住所・氏名も聞いておいてください。現場保存と目撃者の証言は後日示談交渉の際、どちらにどの程度の責任があるかの認定の上で大きな判断材料になります。



事故現場で安易な示談・口約束は避けること!!

 事故を起こした場合、その場での示談解決は避けます。自動車事故の多くは互いに過失があり安易に自分の過失を認めた場合、保険会社で決める妥当な賠償額と相違することとなり、その差額については自己負担となってしまいます。
 
 また
、事故状況を曖昧のまま保険会社に事故連絡をし、あとは保険屋まかせという方がいますが、これでは解決のしようがありません。散々もめた挙句に、50:50で決着することになるか、保険会社が依頼した調査会社による調査判断で過失割合が決められます。事故状況は相手の方と十分確認してください。それでも双方の言い分が相違したのであれば仕方ないですが ・・・
 
 事故現場では、自分の過失が大きくても誤解されるので謝罪してはいけないと思っている人はいますが、そんなことはありません。自分の過失で事故を起こしたのであれば謝罪してください。人として当然のことです。でも、「過失割合については、よくわかりませんので保険屋さんにおまかせしますのでよろしくお願いします。」と言い添えればいいことなのです。
(PR)
中古車買取査定市場
一番安い自動車保険がわかる!



保険屋の自動車事故マニュアルTOP
自動車事故が発生したら、初動対応が大切。
被害者の救護が、第一優先です。
自動車所有者と運転者が相違する場合、賠償相手を確認する。
保険会社への事故連絡内容。

自動車事故の解決方法は示談から始まります。
過失割合(過失相殺)とは、こんなことです。

人身事故は、必ず処罰されるのか?
事故相手が、こんなモンスター被害者だったら大変です。
事故状況によっては、健康保険を使用する。
任意保険は支払い出来ない(免責)ことがあります。
低年式車との事故、対物超過費用特約付いてますよね。
新車要求(全塗装要求)されたら。
衝突していなくても、責任が発生する。

盗難された車が、事故を起こしたら。
駐車場での自動車事故について。
人身傷害保険は、必ず付保しましょう。
無保険車に追突されたら、どうしますか?
見直せば、自動車保険料は安くなります。
通販型自動車保険は、自己責任です。
クルマを廃車・譲渡したら、中断証明書を発行してもらう。
地震被害には無力な自動車保険。

レンタカー提供は、相手過失100%に限られる。
自賠責保険とは、こんな保険です。
車両危険限定特約車両保険は、当て逃げ・自損事故は対象外です。
ゴールド免許はお得なのですが、ブルーになってしまったら。
顔のキズ、後遺障害になるかもしれません。
娘の自動車保険は、記名被保険者に気をつける。
事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!
保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!