事故相手がモンスター被害者だったら大変・・・

 世の中には信じられない非常識な方がいます。こんな相手被害者の母親がおりました。加害者は謝罪に何度か病院を訪問していますが、被害者の母から入院中の息子にマンガ・雑誌・果物を手土産に持って行くように要求されました。退院後も入院見舞いのお返し費用を請求されたり、挙句の果てに「謝罪・誠意が足りない」と言われたそうです。こんな被害者が相手だったら大変です。何を言ってくるかわかりません。通常では支払い対象外となるものまでどんどん要求してきます。こんな被害者に対応するためにも、任意保険加入が必要なわけです。未加入の方は、まず見積りから保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!

 また、示談交渉を保険会社ではなく加害者本人と直接したいと言う被害者もいます。被害者の許せない気持ちもわかりますが、度を越した請求は問題です。もし、そんな相手だったら何度かお見舞い・謝罪した後「今回の事故に関しましては本当に申し訳ございません。私にはどのように対処したら良いかわかりません。すべて保険会社にお願いしていますので、そちらで交渉をお願いします。」この言葉で押し通したほうが良いでしょう。約款上は、被害者の同意が得られない場合、保険会社は示談交渉サービスを行うことは出来ないことになっていますが、保険会社担当者に相談してください。相手に対し粘り強く交渉してくれます。



弁護士費用特約について

 こんな事故を想定してください。信号待ちで停車していたところ、後続車に追突され車両は大破、ケガを負わされた(相手方の一方的な過失事故)。しかし相手方は任意無保険 (中には無車検、つまり自賠責保険無加入のクルマもあります)。対応もまったく誠意がない。
 こんな時、あなたはどうしますか?加入の保険会社または保険代理店が交渉(取り立て)してくれると思っていませんか?答えは、ノーです。相手方の一方的な過失事故について保険会社は示談交渉出来ません。弁護士法違反になります。こんな相手方との交渉を弁護士に委任したときの弁護士報酬や訴訟費用等の他、弁護士に法律相談を行ったときの費用を支払ってくれるのが弁護士費用特約です。保険料もわずかでお勧めです。
 最近の自動車保険によっては、こうした相手過失100%の過失事故において等級ダウンなしで車両保険が適用されるものも発売されています。納得できる自動車保険加入が必要になります。ご自身で加入内容を確かめながら自動車保険を見積もってください。こちらです。保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!
(PR)
中古車買取査定市場
一番安い自動車保険がわかる!



保険屋の自動車事故マニュアルTOP
自動車事故が発生したら、初動対応が大切。
被害者の救護が、第一優先です。
自動車所有者と運転者が相違する場合、賠償相手を確認する。
保険会社への事故連絡内容。

自動車事故の解決方法は示談から始まります。
過失割合(過失相殺)とは、こんなことです。

人身事故は、必ず処罰されるのか?
事故相手が、こんなモンスター被害者だったら大変です。
事故状況によっては、健康保険を使用する。
任意保険は支払い出来ない(免責)ことがあります。
低年式車との事故、対物超過費用特約付いてますよね。
新車要求(全塗装要求)されたら。
衝突していなくても、責任が発生する。

盗難された車が、事故を起こしたら。
駐車場での自動車事故について。
人身傷害保険は、必ず付保しましょう。
無保険車に追突されたら、どうしますか?
見直せば、自動車保険料は安くなります。
通販型自動車保険は、自己責任です。
クルマを廃車・譲渡したら、中断証明書を発行してもらう。
地震被害には無力な自動車保険。

レンタカー提供は、相手過失100%に限られる。
自賠責保険とは、こんな保険です。
車両危険限定特約車両保険は、当て逃げ・自損事故は対象外です。
ゴールド免許はお得なのですが、ブルーになってしまったら。
顔のキズ、後遺障害になるかもしれません。
娘の自動車保険は、記名被保険者に気をつける。
事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!
保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!