車両危険限定特約車両保険はあて逃げ自損事故等は支払い対象外

 自動車事故で車が壊れたときや車が盗まれたときなどに備える保険が車両保険です。車両保険は補償範囲により「一般車両保険」と「車両危険限定特約車両保険(「車対車+A」特約)」に区分されています。

  車対車の衝突 火災・爆発・盗難・台風・こう水・高潮・落書・いたずら・物の飛来・落下

自転車との衝突・接触・電柱・ガードレールに衝突・あて逃げ・墜落・転覆

一般車両

車両危険限定特約車両保険 ○(相手自動車が特定できる場合)

×

 
 「一般車両保険」は、オールラウンドに車両事故損害に対応してもらえるタイプですが、「車両危険限定特約車両保険」は、当て逃げや単独事故・自動車以外の他物との接触については補償してくれません。主に自動車事故時の自己過失に備える為に加入しているようなタイプのもの。自動車以外の他物との接触事故での車両損害も補償されません。

 「車両危険限定特約車両保険」に加入の方は、「一般車両保険」 への切り替えをお勧めします。等級が20等級になっている方でしたら、「一般車両保険」に切り替えて適用できる範囲を広げられたらよろしいでしょう。車対車の自動車事故に遭うことは、万一の事故って言われるようにそんなにある訳じゃない。しかし、駐車場での「当て逃げ」や「単独事故」で電柱・塀に衝突する可能性のほうが、はるかに高いのではないでしょうか。特に免許取得間のないご子息も運転されるのであればなおさらです。
 
 保険各社から「地震・噴火・津波に対する全損時定額払」の販売が開始されています。全損になったら、50万をお支払いする(車両保険金額が50万未満は車両保険金額)もので、これも一般車両保険にだけセットできるものです。保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!

(PR)
中古車買取査定市場
一番安い自動車保険がわかる!



保険屋の自動車事故マニュアルTOP
自動車事故が発生したら、初動対応が大切。
被害者の救護が、第一優先です。
自動車所有者と運転者が相違する場合、賠償相手を確認する。
保険会社への事故連絡内容。

自動車事故の解決方法は示談から始まります。
過失割合(過失相殺)とは、こんなことです。

人身事故は、必ず処罰されるのか?
事故相手が、こんなモンスター被害者だったら大変です。
事故状況によっては、健康保険を使用する。
任意保険は支払い出来ない(免責)ことがあります。
低年式車との事故、対物超過費用特約付いてますよね。
新車要求(全塗装要求)されたら。
衝突していなくても、責任が発生する。

盗難された車が、事故を起こしたら。
駐車場での自動車事故について。
人身傷害保険は、必ず付保しましょう。
無保険車に追突されたら、どうしますか?
見直せば、自動車保険料は安くなります。
通販型自動車保険は、自己責任です。
クルマを廃車・譲渡したら、中断証明書を発行してもらう。
地震被害には無力な自動車保険。

レンタカー提供は、相手過失100%に限られる。
自賠責保険とは、こんな保険です。
車両危険限定特約車両保険は、当て逃げ・自損事故は対象外です。
ゴールド免許はお得なのですが、ブルーになってしまったら。
顔のキズ、後遺障害になるかもしれません。
娘の自動車保険は、記名被保険者に気をつける。
事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!
保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!