人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い

 人身傷害保険とは、自動車事故によりお車に搭乗中の方が死傷された場合の損害を自己過失部分を含めて保険金額の範囲内で補償する実損払の保険です。自損事故や一方的にこちらの過失が大きい事故でケガをしたり、相手が無保険だった場合などに、相手方との示談を待たずに補償が受けられます。保険会社によっては歩行中や他の自動車乗車中等のご自身とご家族の交通事故まで補償するタイプがあったりします。
 ここで問題なのが、人身傷害保険不担保で自分の過失が大きい事故でケガをした場合。以下の不都合が想定されます。

 
@治療費実費(病院への支払いは当面自己負担)、休業損害、 慰謝料等の請求については、ご自身で相手自賠責保険に対して被害者請求しなければならない。相手保険会社は一括払いをしてくれません 。自分が加入している保険会社も対応してくれません。人身傷害保険が未加入であれば対応する義務がないのです。加入している保険会社からいただける保険は搭乗者傷害保険だけ。

 
Aさらに、被害者請求しても過失を考慮され減額される可能性があります。過失分の補てんがありません。

(参考)一括払いとは、加害者の過失が大きい場合、加害者側任意保険会社が加害車両自賠責保険がどこの保険会社に加入していても任意保険と合わせて保険金支払い手続きをしてくれることを言います。 任意保険会社は、自賠責保険金相当額については被害者に支払ったあと自賠責保険に請求するようになっていますので、被害者にとっては二重の手間が省けます。自賠責保険の内容については「自賠責保険とは、こんな保険です。」を参照してください。

 人身傷害保険未加入の方は要注意です。どんな事故でも保険会社が対応してくれる訳ではありません。 保険の不備があなたを窮地に落としめます。現在、人身傷害保険はセット販売が主流でほとんどの方は加入されているはず。しかし、 通販型自動車保険の最安タイプ等では付保されていない契約があります。わずかな保険料をケチったばかりに事故後大変なことになります。自動車保険は保険料の安さだけで決めてはいけません。自分自身で納得の自動車保険に加入してください。
 見積りはこちら納得の自動車保険見積り!全員に500円マックカードプレゼント!

 
 
また、各保険会社は人身傷害保険の支払基準が相違しています。なぜなら、保険各社が認可取得した約款で標準約款でないからです。そこで、こんなことがあります。たとえば、相手方100%の事故でケガを負ったとします。相手保険会社より人身事故について補償され示談が成立した後でも、ご自身加入の任意保険会社が再計算して人身傷害保険の支払い基準を満たしていなければその差額分を支払ってくれるのです。100%被害事故であってもご自身の任意保険会社への連絡を忘れずしてください。
 
 一方、搭乗者傷害保険とは、契約のクルマの正規の乗車装置、またはその装置のある室内に搭乗中の事故によるケガで、入院・通院した場合に契約金額(定額給付)を支払ってくれるものです。日数払と部位症状払とありますが、保険会社によっては部位症状払だけの販売になっているところもあります。部位症状払は、保険金の受け取りが完治後になる日額払いと相違し、
ケガの部位・症状が確定すれば治療中でも保険金を受け取れ出費に備えることができます。

人身傷害保険・搭乗者傷害保険の請求権者について

 「従業員が自動車事故でケガを負った。法人契約の自動車保険だから会社に直接保険金を支払ってくれ!」
 こんな事を言う経営者がたまにいますが、請求権者は被保険者になります。法人契約だからと会社が保険金請求することは出来ません。支払先は被保険者に決定権があり、人身傷害保険においては、被保険者のほか、被保険者の父母、配偶者または子も請求権者に該当します。
(PR)
中古車買取査定市場
一番安い自動車保険がわかる!



保険屋の自動車事故マニュアルTOP
自動車事故が発生したら、初動対応が大切。
被害者の救護が、第一優先です。
自動車所有者と運転者が相違する場合、賠償相手を確認する。
保険会社への事故連絡内容。

自動車事故の解決方法は示談から始まります。
過失割合(過失相殺)とは、こんなことです。

人身事故は、必ず処罰されるのか?
事故相手が、こんなモンスター被害者だったら大変です。
事故状況によっては、健康保険を使用する。
任意保険は支払い出来ない(免責)ことがあります。
低年式車との事故、対物超過費用特約付いてますよね。
新車要求(全塗装要求)されたら。
衝突していなくても、責任が発生する。

盗難された車が、事故を起こしたら。
駐車場での自動車事故について。
人身傷害保険は、必ず付保しましょう。
無保険車に追突されたら、どうしますか?
見直せば、自動車保険料は安くなります。
通販型自動車保険は、自己責任です。
クルマを廃車・譲渡したら、中断証明書を発行してもらう。
地震被害には無力な自動車保険。

レンタカー提供は、相手過失100%に限られる。
自賠責保険とは、こんな保険です。
車両危険限定特約車両保険は、当て逃げ・自損事故は対象外です。
ゴールド免許はお得なのですが、ブルーになってしまったら。
顔のキズ、後遺障害になるかもしれません。
娘の自動車保険は、記名被保険者に気をつける。
事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!
保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!