地震が原因の自動車事故は免責

 東日本大震災で被災された皆さん、心よりお見舞い申し上げます。一日も早く復興され元通りの日常が送れますよう、お祈りいたします。
 地球は大地震の活動期に入ってるそうです。特に、日本はこれからも大震災の余震、東海・東南海・南海連動型地震、首都直下地震、富士山爆発、アウターライズ地震それに伴う想像を絶する大津波・火災の心配があるそうです。被災現場からのニュース映像で、倒壊した家屋の下敷きになったり、津波で流失した数多くの車両が映し出され、その凄まじさには大変な恐怖を感じました。しかし、こんな大惨事に自動車保険が役立つかというと、実はまったく役立ちません。基本的に自動車保険全種目について「地震もしくは噴火またはこれらによる津波」による事故は免責となります。



 では、どうしたら良いのでしょうか?車両保険については、特約で対応できるようになりました。東日本大震災を踏まえ、損害保険各社から「車両全損時定額払特約」が販売開始されています。全損時に車両価格が50万円以上のクルマは定額50万円、50万円以下の場合はその金額を支払うというものです。中古車購入費用にはなりますね。ケガ・死亡保障についてはこのような特約がないので、別個天災危険担保特約付の傷害保険、生命保険に加入の必要があります。【無料】複数の保険会社に生命保険などパンフレット一括請求!
 
 また、近年台風や集中豪雨に伴う河川の氾濫により自動車が水没した場面が報道されることが多くなりました。こうした水害による自動車の損害は、一般車両保険・ 車両危険限定特約車両保険 (車対車+A)のどちらかの車両保険を付帯していれば損害が補償されます。

 あなたの愛車を守る為に保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! で見直ししてください。また、廃車する前には事故車査定 で、クルマの価値を確かめてください。意外に高価買取してくれます。
(PR)
中古車買取査定市場
一番安い自動車保険がわかる!



保険屋の自動車事故マニュアルTOP
自動車事故が発生したら、初動対応が大切。
被害者の救護が、第一優先です。
自動車所有者と運転者が相違する場合、賠償相手を確認する。
保険会社への事故連絡内容。

自動車事故の解決方法は示談から始まります。
過失割合(過失相殺)とは、こんなことです。

人身事故は、必ず処罰されるのか?
事故相手が、こんなモンスター被害者だったら大変です。
事故状況によっては、健康保険を使用する。
任意保険は支払い出来ない(免責)ことがあります。
低年式車との事故、対物超過費用特約付いてますよね。
新車要求(全塗装要求)されたら。
衝突していなくても、責任が発生する。

盗難された車が、事故を起こしたら。
駐車場での自動車事故について。
人身傷害保険は、必ず付保しましょう。
無保険車に追突されたら、どうしますか?
見直せば、自動車保険料は安くなります。
通販型自動車保険は、自己責任です。
クルマを廃車・譲渡したら、中断証明書を発行してもらう。
地震被害には無力な自動車保険。

レンタカー提供は、相手過失100%に限られる。
自賠責保険とは、こんな保険です。
車両危険限定特約車両保険は、当て逃げ・自損事故は対象外です。
ゴールド免許はお得なのですが、ブルーになってしまったら。
顔のキズ、後遺障害になるかもしれません。
娘の自動車保険は、記名被保険者に気をつける。
事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!
保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!